• scissors
    1月 20th, 2014firstその他のあれこれ

    顔の産毛処理は理容室に行けばやってもらえますが、
    定期的に行くのが面倒と言う方は自分でやってみて下さい。
    女性でも産毛は剃ったほうがよく、メイクのノリが良くなったり、
    顔色が明るくなるためお手入れしたほうが良いですよ。
    なんとなく顔がくすんでいるように感じられるのは、もしかしたら産毛が原因かもしれません。

    産毛を処理する頻度は、女性の場合はそれほど多くなくても良いと思います。
    毛が伸びやすい方は1週間に1度くらい、それ以外の人は2週間~1ヶ月くらいのペースで剃ってみて下さい。

    女性でも眉毛や口周りの毛が伸びて気になってきますが、これを目安にして顔の産毛も一緒に剃ってみましょう。

    顔を剃る時には慣れていない人ならT字のカミソリがおススメで、
    ストレートタイプだと一緒に皮膚も削ってしまいそうで怖いと言う人も居ると思います。

    慣れなければ無理せずにT字のもので十分良く、剃ることが出来ますよ。

    あまり安価なカミソリだと刃に安全機能が付けられていなく、
    横滑りした時に切ってしまうこともありえるため、安すぎるのは避けたほうが良いと思います。020904

    また、古くなると刃がダメになっていて、力を入れすぎる事によって皮膚を傷める事もあり定期的に交換してみて下さい。

    次に剃る前には手持ちのクリームや乳液を付けてすべりを良くします。
    処理した後も肌が乾燥しやすくなっているため、ローションやクリームなどをたっぷりと塗ってください。

    肌が過敏な方はカミソリでかぶれてしまい痒くなる場合も見られており、その場合は刺激の少ないスキンケアを使う事をおススメします。
    痒みがでてしまったら保冷材で冷やすと治まり易いですよ。

    そのときは肌がある程度落ち着いてからローションでケアしてみて下さい。

    また、剃る時には毛の流れに沿ってやってみてください。
    毛の流れに逆らうようにすると、毛根からしっかりと剃れるため良いように感じてしまいますが、これは間違いです。

    反対側に剃ると皮膚も一緒に削ってしまう割合が高くなり、乾燥肌や皮膚の痒みに繋がってしまいます。
    産毛は元々それほど太い毛ではないため、根元から無理に剃ろうとしなくても短くなれば目立たなくなります。

    毛は内側から外側へ、更に上から下に向かって生えています。
    顔の中心部は頬の内側から外側に向かって剃り、髪の生え際やサイドは上から下に向かって剃るようにしましょう。

    眉毛や口周りはT字カミソリでは剃りにくいと言う場合では、小さなヘッドのものに取り替えたり、顔剃り用の電気シェーバーで丁寧にやれば失敗が減らせます。